つみ木

手軽さが人気のワンルームマンション投資|将来の為に考えよう

PC操作

低資金から始められる

みんなで大家さんは赤字の出にくい不動産経営ができるので、多くの人に選ばれています。資金も100万円からで不動産に投資できるので、一般的な不動産投資よりも敷居が低くなっています。物件数も豊富に揃っています。

手軽にできる資産運用

部屋

低金利下では不動産が有効

低金利が長期にわたって続く昨今、改めて優位性が見直されているのが不動産投資です。特に家賃収入を前提とした投資は、高利回りが期待できるとあって人気を集めています。現在、不動産投資の代表的存在となっているのがワンルームマンションへの投資です。ワンルームマンションは新築・中古とも供給数が多く、優良物件を見つけやすいという特徴を持っています。また、ファミリータイプのマンションや一戸建てに比べると少額の資金でも投資が始められるという利点があります。ただ、言うまでもないことですが、供給数が多いということは後から次々と魅力的な物件が出てくるということも意味します。長期保有を前提とするのであれば、価値が短期間で大きく下落してしまいそうな物件を選ばないよう、慎重な検討が必要となります。

老後の暮らしに備える

投資目的でワンルームマンションを購入する目的は人それぞれですが、最近になって増加しているのが私的年金としての活用です。公的年金だけでは老後の生活が不安だ、しかし金融商品にはリスクの高いものが多い、といった理由から、長期的に安定した家賃収入が得られるワンルームマンションに注目が集まっているのです。また、節税効果があることも購入動機の1つになっています。投資目的でマンションを保有することは「事業」と見なされるため、一定の範囲内で必要経費が認められます。そのため、修繕に要した費用、入居者募集の広告費、固定資産税などが家賃収入を上回った場合、これを給与所得等と損益通算して所得税の還付を受けることが可能です。

アパート

長期的な価値がある

マンション経営で稼ぐには資金と正しい知識が必要ですが、現在では不動産会社等のサポートも受けられるので敷居は低くなっていると言えるでしょう。始めやすくリスクが低い、マンション経営はそういった投資の1つです。

Related Links

  • 一棟買い不動産投資パーフェクトガイド

    話題の不動産投資なら一棟マンションを購入しちゃいましょう!こちらで経営を成功できる秘訣を紹介中ですよ。
オフィス

企業合併のメリット

企業買収はM&Aの手法として使われ、2つの異なる企業が手を組むことで、その後の事業でメリットを高めます。M&Aの注意として、正しい知識を持って取り組むことが重要となり、リスクを理解していなければマイナスとなることがあります。